1968年製ベッドフォードCAをキャンピングカーにする…東京オートサロン2022

新車 レスポンス

VWコンビのカスタムカーはひとつの定番ジャンルだが、おなじ商用車であるベッドフォード『CA』のキャンピングカーを東京オートサロン2022で発見した。ベッドフォードは英ボクソールの商用部門となる子会社。

1968年から69年の1年間しか製造されていない希少モデルをレストアして、さらにキャンピングカーとしてカスタマイズしたものだ。もちろん稼働する。手掛けたのはドアモービルというベッドフォードやフォルクスワーゲンのキャンピングカーに定評があるコーチビルダーだ。

なるべく当時の部品を生かす方向でレストアされているので、板金などは極力オリジナルを補修する方向で作られている。カラーリングも上品にまとめられているが、程よいクラシック感がなんともいえない。ルーフにテントを増設しベッドスペースを確保しているが、シートが回転、フラット化できるので下のスペースでも寝ることができる。

1500cc、3速コラムシフトだが、もとが商用車ということでつくりは頑丈だ。いまでも高速で80km/h巡航は不可能ではないという。また、オーナーが大事にしていたらしく当時のマニュアルも残っている。

  • 中尾真二
  • 1968年:ベッドフォードをキャンピングカーにレストアする(東京オートサロン2022)《写真撮影 中尾真二》
  • 1968年:ベッドフォードをキャンピングカーにレストアする(東京オートサロン2022)《写真撮影 中尾真二》
  • 当時のマニュアルつき《写真撮影 中尾真二》
  • ラジオも当時の機械を復元しているが、日本ではアナログラジオ放送はなくなっている《写真撮影 中尾真二》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ