ネオレトロスクーターのプジョー『ジャンゴ』、ミリタリー感あふれる新モデル発売

モーターサイクル レスポンス

aideaは、ネオレトロスクーター、プジョー『ジャンゴ』の2022年モデルを発表。1月20日より、全国のプジョーモトシクル正規販売店にて販売を開始した。

2022年モデルでは新モデル『ジャンゴ 125 シャドウABS』が登場。また、スタンダードグレード『ジャンゴ 125 ABS』に新色2モデルを追加した。

●ジャンゴ 125 シャドウABS

ジャンゴ 125 シャドウABSは、エレガントで都会的な印象の強かったこれまでのジャンゴシリーズとは異なる新しいキャラクターのモデルだ。オフロードやミリタリーを連想させる、艶消しダークグリーンのボディカラーを採用。ミラー、ライトバイザー、「PEUGEOT」および「Django」エンブレム、操作系パーツ、ボディモール、インナーパネル、フットボード、タンデムグリップ、タンデムステップ、テールライトカバー、ホイール、エンジンカバーなど、車体各部をブラックアウトすることで、ヘビーデューティで精悍なイメージを高めている。

サイドカウルに表示された「XC」は、クロスカントリーの意味。ストリートだけでなくさまざまな道を走破できるという、ジャンゴが持つ隠れた一面(SHADOW)を引き出し、新しい楽しみ方を提案するモデルだ。価格は43万4500円。

●ジャンゴ 125 ABS

新色ディープオーシャンブルーは、光の加減により表情を変えるメタリックブルーを採用。インナーパネル、フットボード、ホイールは上品なミルキーホワイトとし、さわやかなツートンカラーとしている。さらにハンドルグリップと前後セパレートシートはキャメルオレンジとし、クラシカルで華やかなイメージを演出する。

ミルキーホワイトは、通常販売モデルとしては初めてのホワイト単色モデルとなる。ミラー、ライトバイザー、「PEUGEOT」および「Django」エンブレム、操作系パーツ、ボディモール、タンデムグリップ、タンデムステップ、テールライトカバーなど、車体各部をブラックアウトすることでホワイトとブラックのコントラストを高め、一般的な単色モデルとは異なる個性を主張している。

価格はともに43万4500円。

そのほか、以下のモデルは継続販売となる。

[150cc]

ジャンゴ 150 ABS(インクブラック)

ジャンゴ 150 エバージョンABS(ドラゴンレッド)

[125cc]

ジャンゴ 125 ABS(マットブラック)

ジャンゴ 125 ABS(インクブラック)

ジャンゴ 125 エバージョンABS(ドラゴンレッド)

ジャンゴ 125 スポーツ ABS(レーシンググリーン)

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ジャンゴ 125 ABS(ディープオーシャンブルー)《写真提供 aidea》
  • ジャンゴ 125 ABS(ミルキーホワイト)《写真提供 aidea》
  • ジャンゴ 125 ABS(ミルキーホワイト)《写真提供 aidea》
  • ジャンゴ 125 ABS(ディープオーシャンブルー)《写真提供 aidea》
  • ジャンゴ 125 ABS(ミルキーホワイト)《写真提供 aidea》
  • ジャンゴ 125 ABS(ディープオーシャンブルー)《写真提供 aidea》
  • ジャンゴ 125 ABS(ディープオーシャンブルー)《写真提供 aidea》
  • ジャンゴ 125 シャドウABS《写真提供 aidea》
  • ジャンゴ 125 シャドウABS《写真提供 aidea》
  • ジャンゴ 125 シャドウABS《写真提供 aidea》
  • ジャンゴ 125 シャドウABS《写真提供 aidea》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ