ジープに新ハイブリッド、燃費15%向上…欧州で登場

新車 レスポンス

ジープは1月20日、欧州向けの『レネゲード』(Jeep Renegade)に新開発のハイブリッドシステム、「eハイブリッド」搭載車を設定すると発表した。

すでにレネゲードには、電動モデルとして、プラグインハイブリッド車(PHV)の『レネゲード4xe』が用意されている。eハイブリッドは、このPHVを補完し、ジープブランドの電動化を促進するテクノロジーとなる。

◆1.5リットル直4ターボエンジンにモーターの組み合わせ

eハイブリッドのエンジンは、1.5リットル直列4気筒ガソリンターボユニットだ。この「Global Small Engine」ファミリーの新エンジンは、ミラーサイクルにより熱効率を向上させた。12.5対1の高い圧縮比、コンパクトな燃焼室、デュアル可変バルブタイミング、高タンブル吸気ダクトを備えた新しいシリンダーヘッドを採用。最大350バールの高圧で燃料を噴射する直噴システムも導入した。最大出力は130hp、最大トルクは24.5kgmを引き出す。トランスミッションは、新開発の7速デュアルクラッチを組み合わせている。

eハイブリッドには、最大出力20hp、最大トルク13.7kgmの電気モーターを採用する。このモーターにより、始動時や低速時、クルージング時、駐車操作時に、エンジンを停止させて、EV走行することができる。これにより、従来のガソリンエンジン搭載車と比較して、燃費とCO2排出量を最大15%削減するという。

エンジンには、48ボルトで作動するベルトスタータージェネレーターも搭載する。ブレーキシステムには、運動エネルギーの回収を最大化し、効率を向上させる回生ブレーキを使用した「オートチャージ」機能付きのインテリジェントブレーキシステムが導入されている。

◆最大8.4インチの「Uconnect NAV」システム

レネゲードのeハイブリッドには、タッチスクリーンを備えた最大8.4インチの「Uconnect NAV」システムを搭載する。Apple「CarPlay」とグーグル「AndroidAuto」によって、スマートフォンとの連携が図られている。

「Uconnect」サービスへのアクセスを可能にする「Uconnectボックス」がプリインストールされた。スマートフォンにダウンロードした「My Uconnect」アプリやスマートウォッチ、ウェブサイト、車内のスイッチ、音声アシスタント(Amazon AlexaとGoogleアシスタント)を通じて、さまざまな機能やコネクトサービスが利用できる。

My Uconnectアプリを利用すると、ユーザーはコネクトサービスにアクセスして、車両の状態やメンテナンスの管理、ドアのロックとロック解除、ライトのオンとオフなどをリモートコントロールできる。

◆さまざまな「Uconnect」サービスが利用可能

Uconnectサービスのひとつが、「My Assistant」。これは、緊急時などに必要に応じて、現在位置を反映したサポートを迅速に受けられるようにするものだ。「My Remote」は、場所や時間を問わず、車両をリモートで制御できる。

「My Car」は、車両の状態とメンテナンス状態をモニターして管理する。オプションの「My Alert service」を利用すると、車両に盗難が発生した場合、アラートやサポートなどの支援がすぐに受けられる。

さらに、車両を購入するとすぐに、スマートフォンにMy Uconnectアプリをダウンロードして、アカウントを作成できる。これにより、車両が納車される前に、さまざまなテクノロジーやコネクティビティのメリットに関して、知識を深めることができる、としている。

  • 森脇稔
  • ジープ・レネゲード の「eハイブリッド」(欧州仕様)《photo by Jeep》
  • ジープ・レネゲード の「eハイブリッド」(欧州仕様)《photo by Jeep》
  • ジープ・レネゲード の「eハイブリッド」(欧州仕様)《photo by Jeep》
  • ジープ・レネゲード の「eハイブリッド」(欧州仕様)《photo by Jeep》
  • ジープ・レネゲード の「eハイブリッド」(欧州仕様)《photo by Jeep》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ