ホンダ、建設現場で活躍する自律移動電動モビリティを米国で発表

エコカー レスポンス

ホンダは、プラットフォーム型自律移動モビリティの実験用車両『ホンダ・オートノマス・ワークビークル(ホンダAWV)』を、1月18日から20日まで米国・ラスベガスで開催された建設資材・建設機器の見本市「World of Concrete 2022」で展示した。

ホンダAWVは、CES 2018に出展したプラットフォーム型ロボティクスデバイス『3E-D18』のコンセプトを基に開発した、頑丈で耐久性の高い電動モビリティ。GPSによる位置情報、レーダーやLiDARによる障害物検知機能などを駆使して自律的に走行する。

車体サイズは全長約290cm×全高約142cm×全幅約150cm。最大積載量は399kg、最大牽引重量は750kg。約6時間の充電で最大積載時45km走行できる。また、アタッチメントやツールの追加で、運搬をはじめ、さまざまな作業に活用できるプラットフォームとなっている。

ホンダは2021年11月、ホンダAWVを使用し、建設会社ブラック&ビーチ社と共同で、ニューメキシコ州の大規模太陽光発電施設の建設現場にて実証実験を実施。機材の牽引や建設資材、水などの物資を作業現場内のあらかじめ設定した目的地まで運ぶなど、さまざまな作業の検証を行った。今後も米国での実証実験を通じて、ホンダAWVを進化させていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ・オートノマス・ワークビークル《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ・オートノマス・ワークビークル《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ・オートノマス・ワークビークル《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ・オートノマス・ワークビークル《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ・オートノマス・ワークビークル《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ・オートノマス・ワークビークル《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ・オートノマス・ワークビークル《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ・オートノマス・ワークビークル《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ・オートノマス・ワークビークル《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ