三菱 アウトランダー 新型、ラテンフレーバーSUVオブザイヤーに選出…米メディア

モータースポーツ レスポンス

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は1月19日、新型『アウトランダー』が「ラテンフレーバーカーオブザイヤー2021」において、SUVオブザイヤーに選出された、と発表した。

この賞は、自動車メディアの『Puros Autos』が選出しているもの。主に米国のヒスパニック系ユーザーに向けて、最高のSUVを選んでいる。同メディアによると、ヒスパニック系のユーザーは、米国の新車の4台に1台を購入しており、アウトランダーが属するコンパクトSUVセグメントでは、三菱自動車が最もヒスパニック系ユーザーの割合が高いという。

新型アウトランダーでは、エンジニアリングのベースを一新した。ルノー日産三菱アライアンスが新開発したプラットフォームに、PHEV専用車となった日本向けにはない内燃エンジン仕様として、北米仕様には2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力は181hp/6000rpm、最大トルクは25kgm/3600rpm。最大出力は従来型に対して8.9%引き上げながら、燃費は2.6%改善しているという。トランスミッションは8速スポーツモード付きのCVTだ。

新開発の「ドライブモードセレクター」により、6種類のモードが切り替えられ、パフォーマンスとグリップを走行条件に合わせて調整し、オンロードとオフロードのパフォーマンスを追求している。4WDモデルだけでなく、2WDモデルにもドライブモードセレクターが装備された。2WDモデルでは5種類のモードから選択できる。

新型のコンセプトは、「威風堂々」。この威風堂々に基づいて、大幅にアップグレードされたスタイリング、ロードパフォーマンス、高い品質を備えた信頼性の高いSUVに仕上げているという。エクステリアは、筋肉質なフェンダー、大胆なプロポーション、18インチアルミホイール(20インチはオプション)などを備える。ブランドの新世代「ダイナミックシールド」フロントマスクと新デザイン言語も、新型に最初に取り入れられている。

  • 森脇稔
  • 三菱 アウトランダー 新型(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 アウトランダー 新型(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 アウトランダー 新型(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 アウトランダー 新型(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 アウトランダー 新型(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ