グッドイヤー、配達ロボット車両向けにエアレスタイヤを開発

業界 レスポンス

グッドイヤーは1月18日、スターシップテクノロジーズの自律走行型配達ロボット車両用に非空気式タイヤ(NPT=エアレスタイヤ)を開発し、テストを実施していると発表した。

スターシップテクノロジーズは、グッドイヤーの投資部門が出資するベンチャー企業の一つ。宅配やフードデリバリー用の配達ロボット車両を開発。1000台以上のネットワークを運用し、これまでに世界中で数百万マイルを移動し、200万件以上の自律型配達を行っている。

グッドイヤーは、スターシップの配達ロボット車両のタイヤ寿命を延ばし、メンテナンス作業を軽減するために特別設計のエアレスタイヤを開発した。両社は米国ボーリング・グリーン州立大学にて実地試験を開始。車両にタイヤを装着した状態での初期試験データでは、トレッド摩耗、ブレーキ、振動減衰に関して良好な結果が得られている。

配達ロボットには信頼性が高く、24時間、世界中で動かし続けることができるタイヤが必要となる。グッドイヤーは実地試験を勧め、タイヤの安全性担保とメンテナンスに関するスターシップの要望に応えていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ