いすゞ、カミンズの電動システムを搭載したトラックをモニター運行へ

エコカー レスポンス

いすゞ自動車は1月20日、カミンズと、北米向け中型電動トラックのプロトタイプ製作とモニターを実施することで合意したと発表した。

両社はパワートレイン事業に関する包括的なパートナーシップを構築に向けて2019年5月に「いすゞ・カミンズ・パワートレイン・パートナーシップ」契約を締結しており、今回の取り組みはこれに基づくもの。

いすゞの北米市場向け中型商用車『Fシリーズ』(FTR)に、カミンズ製電動システム「パワードライブ6000」を搭載し、2022年前半に大手フリート向けにモニターを開始する。モニター終了後、いすゞはカミンズのパワードライブを搭載した北米向け中型電動トラックの事業化について検討する。

両社は、今後も既存のパワートレインでの協業に加えて、電動化を含む次世代パワーソース技術での協業についても検討していく。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ