『Z』で参戦の日産/ニスモ、SUPER GTドライバー体制発表 TEAM IMPULにベルトラン・バゲットが加入

モータースポーツ レスポンス

日産自動車およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は1月25日、2022年のSUPER GT GT500クラスに出場する日産系チームのドライバーを発表した。

2021年シーズンも昨年同様、NISMO(23号車)、NDDP RACING(3号車)、TEAM IMPUL(12号車)、KONDO RACING(24号車)の4台がGT500クラスに参戦する。TEAM IMPULは松下信治に代わり、昨シーズンまでAstemo REAL RACINGでホンダ『NSX-GT』をドライブしていたベルトラン・バゲット(ベルギー)が加入。また、NDDP RACINGの監督に島田次郎を、NISMOの監督に中島健を抜擢した。

片桐隆夫 ニスモ社長兼最高経営責任者は「いよいよ、Nissan Z GT500のデビューシーズンを迎え、開幕戦に向けて車両開発も正念場を迎えます。新体制のもと、常に勝利を目指し、チームの力を結集して全力でレースに臨みたいと思いますので、今シーズンも変わらぬ応援をお願いいたします」とコメントしている。

日産/ニスモ 2022年SUPER GT GT500クラスドライバー体制

総監督:松村基宏

NDDP RACING(3号車)

監督:島田次郎

ドライバー:千代勝正/高星明誠

TEAM IMPUL(12号車)

監督:星野一義

ドライバー:平峰一貴/ベルトラン・バゲット

NISMO(23号車)

監督:中島健

ドライバー:松田次生/ロニー・クインタレッリ

KONDO RACING(24号車)

監督:近藤真彦

ドライバー:佐々木大樹/平手晃平

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ベルトラン・バゲット《写真提供 日産自動車》
  • GT500ドライバー《写真提供 日産自動車》
  • 平峰一貴《写真提供 日産自動車》
  • 松田次生《写真提供 日産自動車》
  • ロニー・クインタレッリ《写真提供 日産自動車》
  • 佐々木大樹《写真提供 日産自動車》
  • 平手晃平《写真提供 日産自動車》
  • 高星明誠《写真提供 日産自動車》
  • 千代勝正《写真提供 日産自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ