ICTで回遊性向上へ、「千葉市幕張MaaS実証事業」を2月より開始…NTTグループ

テクノロジー レスポンス

NTT、NTTドコモ、NTTコムウェアは、withコロナ社会における安心・安全を考慮した回遊性の向上を目指す「千葉市幕張MaaS実証事業」を2月1日から3月21日まで実施する。

幕張新都心エリアは、幕張メッセやZOZOマリンスタジアム、JR海浜幕張駅周辺のショッピング施設を中心に多くの人々が訪れるほか、ベイエリアを中心に多くの住民が生活する街だが、回遊性の向上や賑わいの創出が課題となっている。

実証事業では、ICTを駆使して顧客体験価値や移動の利便性の向上を図るほか、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響をふまえた、誰もが安心・安全に街の周遊を楽しむ仕組みを実現することで、地域の活性化をめざす。

利用者はMaaSアプリやWebで、趣味嗜好や来街目的、現在地、時間、天候などを考慮したおすすめのスポット一覧を見て目的地を検討。オトクな情報や混雑状況も把握した上で目的地を決定できる。次にAI運行バスや電動小型モビリティ、タクシー、シェアサイクルなどの中から最適な移動手段を選択し、目的地へ向かう。AI運行バスは、新型コロナ感染症対策として、QRコードを用いた非接触での乗車確認を採用。電動小型モビリティは事前予約の仕組みにより、無人による貸出し手続きができる。

また、店舗からはリアルタイムなクーポンやメッセージを配信し、利用者にお得なサービスを提供するほか、街全体や周遊先となる店舗の混雑情報や感染症対策取組み状況を配信し、混雑回避や3密回避を促す。

NTTグループでは、withコロナを意識しつつ、レコメンドと次世代モビリティを活用して、幕張新都心エリアの課題に対する解決に向けた価値提供をめざす。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 取組内容《写真提供 NTTドコモ》
  • 対象エリア(c)OpenStreetMap contributors
  • 画面イメージ《写真提供 NTTドコモ》
  • 画面イメージ《写真提供 NTTドコモ》
  • 画面イメージ《写真提供 NTTドコモ》
  • 画面イメージ《写真提供 NTTドコモ》
  • 画面イメージ《写真提供 NTTドコモ》
  • 画面イメージ《写真提供 NTTドコモ》
  • 画面イメージ《写真提供 NTTドコモ》
  • 画面イメージ《写真提供 NTTドコモ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ