ポルシェ、第6世代のインフォテインメントをアップデート…欧州発表

新車 レスポンス

ポルシェ(Porsche)は1月24日、第6世代の「ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)6.0」のアップデートを欧州で発表した。

◆音声アシスタントの「Voice Pilot」の性能を引き上げ

この最新のインフォテインメントシステムは、欧州向けのポルシェ『911』、『タイカン』、『カイエン』、『パナメーラ』に標準装備される。ポルシェは、最新のPCM6.0はより用途が広く、より直感的で、よりインテリジェント、と自負する。

最新のPCM6.0には、多くの新機能が採用されている。PCM6.0のユーザーインターフェイスは、新たに色付きのアイコンを導入することにより、機能が認識しやすくなった。ポルシェは、顧客からのフィードバックによって、この改良を行った。

鮮明な表示に加えて、今回のPCM6.0のアップデートは音声アシスタントの「Voice Pilot」の性能も引き上げられた。PCM6.0に組み込まれているVoice Pilotはさらに改良され、いくつかの機能に簡単にアクセスできるようになった。これらには、ニュース、車両の操作マニュアル、音楽ストリーミングが含まれている。Voice Pilotは「ハイ・ポルシェ」と呼びかけることにより、音声アシスタントが起動する。ドライバーがステアリングホイールから手を離したり、前方から視線をそらしたりすることなく、車両に適切な指示を出すことができる。

◆音楽配信サービス「Spotify」が利用可能に

ポルシェのドライバーは、最新のPCM6.0によって、音楽配信サービス「Spotify」のお気に入りの楽曲やポッドキャストにアクセスできる。「Spotify Premium」のユーザーは、「ポルシェID」を使用してアカウントを車両にリンクし、追加のメディアソースとしてSpotifyを利用できる。

ポルシェの車両はスマートフォンを使用せずに、ストリーミングサービスプロバイダーに直接アクセスする。この新しい統合により、7000万曲以上の楽曲と320万のポッドキャストが視聴できるようになる。

必要なデータはすべて、「Porsche Connect」アプリに含まれている。このアプリには、「いいね」機能、保存されているプレイリスト、現在再生中の音楽に類似した音楽を検索できる新しい「Go to Radio」オプションも表示される。ワイヤレスでグーグルの「Android Auto」に接続できるようになったのも新しい。

◆充電ステーションの検索性能を向上

タイカンなどのEVの場合、ルートをできるだけ効率的に計画することが重要になる。そのため、ポルシェは「Charging Planner」での充電セッションの計算を改良した。最適化されたアルゴリズムは、より高いエネルギー出力で、効率的に充電できる充電ステーションを優先する。これらの改善も、顧客からのフィードバックによるものだ。

さらに、Charging Plannerは、走行時間を計算する時に、充電ステーションでの充電プロセスの開始と終了に必要な時間を考慮するようになった。これらの改善を組み合わせることにより、充電体験を大幅に向上させているという。

充電ステーションのダイナミックズーム機能が導入された。システムは、現在稼働しているかどうかを含めて、最寄りの利用可能なすべての充電ステーションを表示する。地図を広域表示にした場合、急速充電ステーションのみが表示される。新しいフィルターにより、充電ポイントを出力順に並べ替えることも可能に。最新のPCM6.0のナビゲーションシステムには、改良された「ルートモニター」も採用されており、移動中に関連するイベントを個別に表示または非表示にすることができる、としている。

  • 森脇稔
  • 最新の「ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)6.0」《photo by Porsche》
  • 最新の「ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)6.0」《photo by Porsche》
  • 最新の「ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)6.0」《photo by Porsche》
  • ポルシェ・タイカン の2022年モデル《photo by Porsche》
  • ポルシェ・カイエン・ターボ・クーペとポルシェ・カイエン・クーペ《photo by Porsche》
  • ポルシェ911カレラ《photo by Porsche》
  • ポルシェ・パナメーラ《photo by Porsche》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ