GM、EVとバッテリーの生産能力を大幅に増強…史上最大の投資

エコカー レスポンス

GMは1月25日、米国ミシガン州の4つの製造拠点に70億ドル以上を投資し、EVピックアップトラックとバッテリーの生産能力を大幅に増強すると発表した。これは、GM史上最大の投資になるという。

総額70億ドル以上の投資には、ランシング工場の新しい「Ultium Cells」バッテリー工場の建設、ミシガン州オリオンタウンシップ工場のシボレー『シルバラードEV』とGMC『シエラEV』生産のための改修などが含まれている。

これらの投資は、2025年までに北米EV市場のリーダーを目指すGMが、電動化を加速する最新のステップだ。両工場への投資により、フルサイズのEVトラックの生産能力を年間60万台に増強していく。

シボレーシルバラードEVとGMCシエラEVの生産は、2024年にオリオンタウンシップ工場で開始される予定。新しい車体プレス工程と塗装工程、バッテリーと車両の組み立てラインなどを設ける計画だ。

GMのメアリー・バーラ会長兼CEOは、「GMC 『ハマーEV』、キャデラック『リリック』など、新世代EVに対する顧客の反応や予約は好調。2020年代の半ばまでにEVでリーダーシップを取る」と述べている。

  • 森脇稔
  • シボレー・シルバラードEV《photo by GM》
  • GMC シエラ のEVのティザー写真《photo by GMC》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ