ゴードン・マレーの新型スーパーカー、車名は『T.33』と確定…高回転志向のV12搭載 1月27日発表へ

新車 レスポンス

ゴードン・マレー・オートモーティブ(Gordon Murray Automotive)は1月25日、1月27日に発表予定の新型スーパーカーのティザー映像を公開した。

デザイナーのゴードン・マレー氏が率いるのが、ゴードン・マレー・グループ。その傘下にある自動車メーカーが、ゴードン・マレー・オートモーティブだ。現在、ハイブリッドスーパーカーの『T.50』の開発を進めており、2022年に限定100台を生産する予定だ。また、T.50には、ブランド初のサーキット走行を意識した『T.50sニキ・ラウダ』も設定される。T.50の100台の生産が終了後、T.50sニキ・ラウダは2023年1月から限定25台を生産する計画だ。

ゴードン・マレー・オートモーティブは1月27日、新型スーパーカーを初公開する予定だ。この新型スーパーカーは、T50、T.50sニキ・ラウダに続く第3のモデルになる。

今回のティザー映像では、この新型スーパーカーの車名が、『T.33』と発表された。また、コスワース製の3.9リットルV型12気筒ガソリンエンジンを搭載し、このエンジンが1万1100rpmという高回転域まで回ることも明らかにされている。

  • 森脇稔
  • ゴードン・マレー・オートモーティブ T.50(参考)《photo by Gordon Murray Automotive》
  • ゴードン・マレー・オートモーティブ T.50(参考)《photo by Gordon Murray Automotive》
  • ゴードン・マレー・オートモーティブ T.50(参考)《photo by Gordon Murray Automotive》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ