ホンダ ヴェゼル 新型の納期、早くて約4か月…一部の仕様で受注停止

新車 レスポンス

新車の納期が遅れがちだ。ホンダでも、半導体の供給不足や海外におけるコロナウイルス感染症に伴うロックダウンなどにより、部品調達や物流に遅延が発生し、完成車の納期が伸びている。2021年4月にフルモデルチェンジした『ヴェゼル』は、一部の仕様で受注を停止している。

ヴェゼルの、受注してから工場出荷までの時期のめど(1月24日時点)

●ガソリン車:4か月ていど

●e:HEV:半年以上

●e:HEV:一部タイプ・カラーでは1年以上かかる場合がある。

●e:HEV PLaY:部品供給の遅れにより、注文受付を一時停止。

ヴェゼルを生産するホンダの鈴鹿製作所の稼働率は、1月20日時点の見込みで、1月は正常稼働、2月上旬は約9割になるという。

なおユーザーへの納車までは工場出荷後、販売会社への輸送および販売会社での納車準備などに時間がかかる。

新型ヴェゼルは4月23日に発売、2021年下半期の販売実績は3万2566台、月平均5400台以上を販売している。販売計画台数は月間5000台。

  • 高木啓
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY《写真撮影 小林岳夫》
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY《写真撮影 小林岳夫》
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY《写真撮影 小林岳夫》
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY《写真撮影 小林岳夫》
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY《写真撮影 小林岳夫》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ