NEXCO中日本、高速道路の各種データを活用したアイデアコンテストを開催

テクノロジー レスポンス

NEXCO中日本は、「高速道路DXアイデアコンテスト」を開催。同社が保有する各種データを活用したアイデアを幅広く募集する。

NEXCO中日本では、次世代技術を活用した革新的な高速道路保全マネジメント「i-ムーブメント」の実現に向けて「イノベーション交流会」を2019年7月に設立。現在までに117の企業・団体とさまざまな提案を実証し、高速道路での実用化に向けて取り組んでいる。

イノベーション交流会では、NEXCO中日本が抱える課題や求める技術などのニーズに対し、会員のシーズを活用した提案を受けているが、さらに幅広いアイデアを取り込む一環として、スタートアップ企業などからの独自性のあるアイデアを募集すべく、新たに高速道路DXアイデアコンテストを開催する。

募集するのは4つの特定テーマ「スマートSA/PA」「災害対策と復旧」「変状への位置情報自動付与」「お客様対応の迅速化と料金所トラブル回避」および自由テーマ。アプリケーション部門では、同コンテストでの提供データを1種類以上用いたアプリケーションを募集。アイデア部門では、アプリケーション化される前など、構想段階のアイデアを募集する。

同コンテストでは、企業・大学などを対象に2月1日から5月27日までさまざまなアイデアを募集。6月下旬のプレゼンテーション審査会を経て、7月上旬に審査結果を通知する。アプリケーション部門最優秀賞には100万円、同優秀賞には20万円、アイデア部門最優秀賞には20万円、同優秀賞には5万円が副賞として贈られる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 募集テーマ《図版提供 中日本高速道路》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ