スズキ、国内完成車工場の操業停止を再度追加

業界 レスポンス

スズキは、国内完成車工場3拠点の操業停止日程を追加。1月27日・28日・31日の2勤を停止すると発表した。

スズキは東南アジアでの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大に伴う部品供給不足により、2021年9月より国内完成車工場の一部操業停止を実施している。

2022年1月については当初、湖西工場(第一)で1月6日から8日までの3日間、2勤を停止する予定だったが、湖西工場(第二)、相良工場を含む3拠点で22日の操業を全日停止。相良工場では26日も操業を全日停止した。今回、27日・28日・31日の3日間、3拠点の2勤を追加で停止することを決定した。

相良工場では『スイフト』『ソリオ』『クロスビー』『イグニス』などの小型乗用車、湖西工場(第一)では『スペーシア』『ハスラー』『ワゴンRスマイル』、湖西工場(第二)では『ワゴンR』、『アルト』、『ラパン』など軽自動車の完成車組立を行っている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スズキ・スペーシア《写真提供 スズキ》
  • スズキ・スイフト《写真提供 スズキ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ