ホンダ、『リード125』新型発売へ…新エンジン搭載で力強い走りと低燃費を両立

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、優れた実用性とスタイリッシュなデザインの原付二種スクーター『リード125』をモデルチェンジし、3月24日より販売を開始する。

リード125新型は、継続採用するアイドリングストップシステムに加え、水冷4バルブ単気筒エンジン「eSP+」を新たに搭載。力強い走りと低燃費を両立する。また、エンジン始動時やシートの解・施錠時に便利なホンダ スマートキーシステムを新たに採用した。

スマートフォンなどの端末の充電が可能なUSBソケット(タイプC)を標準装備。シート下スペースには、ヘルメットやB4サイズのバッグなどが入る、容量37リットルのラゲッジボックスを採用する。

カラーバリエーションは4色を設定する。「マットテクノシルバーメタリック」は、フロントカバー、ハンドルカバーガーニッシュ、リアキャリアにブラックを施したツートーンカラー。エンブレムやフロントブレーキキャリパーやリアサスペンションスプリングをレッドとすることでスポーティな印象を演出する。「パールジャスミンホワイト」「パールダークアッシュブルー2」「ポセイドンブラックメタリック」の3色は、フロントカバー上部にあるトップカバーの周りにメッキのリングをあしらい上質感のあるデザインを演出する。

別売の純正アクセサリーには、使い勝手や快適性をより高めるトップボックスやウインドシールドなど用途に応じた豊富なアクセサリーをラインアップする。

価格はマットテクノシルバーメタリックが33万円、パールジャスミンホワイト、パールダークアッシュブルー2、ポセイドンブラックメタリックは32万4500円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ リード125(パールダークアッシュブルー2)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ リード125(パールダークアッシュブルー2)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ リード125(マットテクノシルバーメタリック)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ リード125(マットテクノシルバーメタリック)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ リード125(パールジャスミンホワイト)《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ