スバルの世界生産は15.8%減の74万4787台、コロナ禍などによる操業停止影響 2021年

業界 レスポンス

SUBARU(スバル)は1月28日、2021年暦年(1〜12月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年比15.8%減の74万4787台で4年連続のマイナスとなった。

国内生産は同16.7%減の47万5141台で5年連続の前年割れ。海外生産も同14.3%減の26万9646台で2年連続のマイナスとなった。

国内販売は同4.0%減の10万1312台で、4年連続のマイナスとなった。登録車は同2.0%減の8万3114台で4年連続のマイナス。軽自動車も同12.4%減の1万8198台で15年連続のマイナスとなった。

輸出は同17.3%減の39万4593台。5年連続のマイナスとなった。

国内生産、国内販売、輸出ともに、半導体使用部品の需給ひっ迫、および、東南アジアでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大等により、取引先からの部品供給が滞ったことにより、操業停止・生産調整を行った影響で減少した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スバル・レガシィ(北米仕様)《photo by SUBARU》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ