スズキ カタナ 改良新型、電子制御システム搭載---切れ味鋭く

モーターサイクル レスポンス

スズキは、大型ロードスポーツ『KATANA』(カタナ)をマイナーチェンジ、電子制御システムを新たに搭載した2022年モデルを2月25日より発売する。

カタナは、燃料タンクから車体先端まで、研ぎ澄まされた刀のようにシャープで流れるようなラインをあしらったデザインを採用。角形のLEDヘッドランプや、刀の切先をイメージした造形の車体先端下部に装着されたLEDポジションランプにより、『GSX1100S KATANA』に着想を得た特徴的な顔つきに仕上げた。また、スズキ初となるターンシグナル付スイングアームマウントリヤフェンダーを採用し、車体後部のシート下をすっきりとさせた外観となっている。

2022年モデルは、電子制御スロットルシステムの採用や吸排気の機構変更により、平成32年(令和2年)国内排出ガス規制をクリアしながら出力を向上。最高出力は従来モデルから2psアップの150psとなった。

新搭載の電子制御システムS.I.R.S.には、出力特性を3つのモードから選択できるSDMS(スズキドライブモードセレクター)や、選択幅を5段階に広げたトラクションコントロールシステム、クラッチ操作なしでシフトアップ/ダウンできる双方向クイックシフトシステムなどを採用。ライダーの経験値や路面の変化に応じた走行を可能とすることで、スポーティなライディングから普段使いまで、ストリートバイクにおけるライダーの走る楽しさを追求した。

カラーはミスティックシルバーメタリックとマットステラブルーメタリックの2色を設定。価格は160万6000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スズキ KATANA(2022年)《写真提供 スズキ》
  • スズキ KATANA(2022年)《写真提供 スズキ》
  • スズキ KATANA(2022年)《写真提供 スズキ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ