スズキの世界販売、12.9%増の276万3846台で3年ぶりのプラス 2021年

業界 レスポンス

スズキは1月28日、2021年暦年(1〜12月)の生産・販売・輸出実績(速報)を発表。世界販売台数は前年比12.9%増の276万3846台で3年ぶりのプラスとなった。

東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品供給不足等により、国内生産が減少。供給不足となったため、国内販売は同3.6%減の60万8381台で3年連続のマイナスとなった。登録車は同7.5%減の9万9213台、軽自動車も同2.8%減の50万9168台。いずれも3年連続で前年実績を下回った。

海外販売台数は同18.6%増の215万5465台で3年ぶりのプラスとなった。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品供給不足等による生産への影響があったものの、前年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で低水準だったため、インド、アフリカ、中南米、中東、大洋州等が増加し、前年実績を上回った。

世界生産台数は同11.1%増の286万5652台で3年ぶりのプラスとなった。国内生産は同5.8%減の87万4927台で3年連続のマイナス。海外生産は同20.6%増の199万0725台で3年ぶりのプラスとなった。

輸出は中南米や大洋州向けなどが増加し、同8.4%増の21万1862台で2年連続のプラスとなった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スズキ・ディザイア (インド仕様)《photo by Suzuki》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ