ジープ事業を中国で拡大…ステランティス、広州汽車との合弁の出資比率引き上げへ

業界 レスポンス

ステランティス(Stellantis)は1月27日、中国のGACグループとの合弁会社の「GACステランティス」への出資比率を、50%から75%に引き上げると発表した。

中国政府は従来、海外の自動車メーカーが中国の自動車メーカーと合弁会社を設立する場合、自国の自動車産業の育成を目的に、海外メーカーの出資比率を半分以下に制限してきた。しかし、中国政府はこの規制を撤廃した。ステランティスはこの規制撤廃を受けて、GACステランティスへの出資比率を引き上げ、中国市場におけるジープブランドの拡大を目指す。

GACステランティスは2010年3月、中国の広州汽車集団(GACグループ)とステランティスが設立した合弁会社だ。ステランティスは2021年9月、ジープブランドの中国部門として、「ステランティスジープ」を設立すると発表した。

ステランティスは、中国でのジープブランドに関する事業を、ステランティスジープに集約する計画だ。『コンパス』の中国長沙工場での現地生産開始に向けて、準備を進めている。ステランティスによると、今回の発表は、中国での「ワンジープ」戦略を推進する一環になるという。

なお、ステランティスの中国市場向けの事業計画の詳細は、3月1日のグローバル戦略発表の場で明らかにされる予定だ。ステランティスとGACグループは引き続き緊密に協力して、中国でのブランドの収益性の高いビジネスを成長させていく、としている。

  • 森脇稔
  • ジープ・コンパス 改良新型《photo by Jeep》
  • ジープ・コンパス 改良新型《photo by Jeep》
  • ジープ・コンパス 改良新型《photo by Jeep》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ