ドライブレコーダー出荷実績、新車需要低迷で11%減 2021年10-12月期

テクノロジー レスポンス

電子情報技術産業協会とドライブレコーダー協議会が1月25日に発表した2021年10〜12月期のドライブレコーダー国内出荷台数は118万0025台、前年同期比11%減となった。半導体不足による自動車減産の影響で新車市場が低迷している影響からドライブレコーダーの需要も落ち込んだ。

内訳は交通事故等の発生状況を記録することを主な目的として車両の周囲や挙動をカメラや各種センサに記録するコンシューマー用が同25.6%減の83万3396台と大きく落ち込んだ。運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計された業務用は同69%増の34万6629台と大幅に増えた。

統計参加企業はアイ・オー・データ機器、アルプスアルパイン、JVCケンウッド、デンソー、デンソーテン、パイオニア、パナソニック、三菱電機、矢崎エナジーシステム、ユピテル、TCL、コムテック。

  • レスポンス編集部
  • ユピテル Y-3000/Z-300(参考画像)《写真提供 ユピテル》
  • パイオニア TMX-DM03A-VA(参考画像)《写真提供 パイオニア》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ