31万円で買えた「ニッポンのノリモノ」、ホンダNの元祖『N360』【懐かしのカーカタログ】

モータースポーツ レスポンス

10周年を迎えたホンダ『N-BOX』は、10年間のシリーズ累計販売台数が国内新車販売台数のトップとなるなどした。そこで今回は、改めてNipponのNorimono(=N)の元祖、『N360』シリーズを振り返ってみたい。

N360シリーズ3車が揃い踏み

写真の“爆発的人気の……”とあるパンフレットは、1966年のF1第9戦イタリアGPで2度目の優勝を飾ったときのカットを表紙にしたもの。2つ折りのシンプルなパンフレットだが、開くと、最初のN360シリーズ3車が揃い踏みという、当時をご存知の方なら涙モノ(!)の並びだ。

もちろんその代表が『N360』で、¥313000とあるのは、当時のベーシックモデルの価格。“連続6カ月〈軽乗用〉のトップセラー”とも書かれており、それは『スバル360』の人気を抑えて達成していたものだった。

N360

以前にご紹介したことがあるものとはまた別のカタログで『N360』をご紹介しておこう。あのクラシック『ミニ』にもラガーマンなど大男が4人乗ったカットモデルがあったが、同じように大人4人がゆったり乗れることをアピールしたカットがやはりある。

運転席のスライド幅は140mmとのこと。サイドウインドゥに大型曲面ガラスを採用し、肩口は1145mmの余裕。エンジンは4サイクル空冷2気筒OHCアルミ合金製で、リッターあたり88psの最大出力31ps、最高速度115km/h、登坂力22度など大きな文字でスペックも謳われている。

N360のバリエーション・その1

続いては『N360』の意外と豊富だったバリエーションがわかるカタログもご覧にいれよう。1枚目の写真は、デラックス、スーパーデラックス、スタンダードと昭和40年代の国産車で一般的だったグレード名が付けられたもの。

デラックスはスタンダードに対し、厚いパッドで覆われたインパネにフロントリクライニングシート、フロアカーペット始め、装備が充実。片やスーパーデラックスでは、さらに木目調ダッシュボード、カーラジオ、熱線吸収ガラス、2スピードワイパー、ダブルウイッシュボーンホーンなどがつく。

スタンダードは装備が簡略化されるものの、“ウインドウウォッシャー、ヒーター、デフロスターをはじめ、あらゆる条件でのドライブに必要なものははじめから全部そろっているぜいたくさです”(カタログより抜粋)。

N360のバリエーション・その2

2枚目の写真にあるグレードはカスタムとS。カスタムは“スーパーデラックスの装備をより格調高くその上スポーティさをプラスした最高級の仕様”(カタログより)といい、皮巻スポーツハンドル、木製シフトノブ、メッキのスポーツミラー、アシスタントシートベルトなどが装備された。

チェッカーフラッグのエンブレムが付くSは、フロアシフト、タコメーター、ナルディタイプのステアリングや、砲弾型スポーツミラー(塗装)、マフラーカッター、4PR黒タイヤなどで精悍さを打ち出している。

N360のバリエーション・その3

そのほかにもT、AT、サンルーフや、M、Gなども。前のカットと年式が前後しており(手元でのカタログの発行年は不明)、同一グレードにさらにバリエーション展開が用意されるなどしていた。たとえばサンルーフは複数グレードで用意されていたという風に。またTは2連キャブや排気系の改良で、最高速120km/h、0→400m加速21.5秒、燃費28km/リットルを謳っている。

それと少数台数ながら、輸出仕様だったモデルが日本でも展開されたのが『N600E』だった。

  • 島崎七生人
  • 「爆発的人気のホンダN360シリーズ」と書かれた当時のパンフレット《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • ホンダN360《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • ホンダN360《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • 大人4人がゆったり乗れることをアピール《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • 「登坂力20度」も謳い文句だった《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • デラックス、スーパーデラックス、スタンダードのグレード名は、昭和40年代の国産車で一般的だった《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • カスタムとS《カタログ写真撮影 島崎七生人》
  • 輸出仕様だったモデルが日本でも展開されたのが『N600E』《カタログ写真撮影 島崎七生人》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ