クルマのトランクに荷物を配達、デジタルキーを活用 実証実験開始

業界 レスポンス

KDDI、ヤマト運輸、プライムライフテクノロジーズの3社は、国内初となるデジタルキーを活用したトランクへの配達実証実験を2月1日から4月30日まで(予定)実施する。

実証実験は、参加者の自家用車に専用デバイス(Smart Key Box:SKB)を接続してデジタルキーを利用可能とし、ヤマト運輸の配達員がトランクなどをデジタルキーで解錠し、参加者の購入商品を届けるというもの。なお、デジタルキーはトヨタ自動車から提供を受けているため、参加者は東京都と愛知県の一戸建てに居住し、トヨタ車を所有する人を対象としている。

参加者はまず、スマートフォンに専用アプリをダウンロードし、デジタルキーと宅配サービスの設定/操作を行う。ECサイトにて商品購入後、ヤマト運輸のEC商品配送宅配サービス「EAZY」から送り状番号を送信。受領後に、専用アプリからトランク/助手席/後部座席などの配達先を指定する。配達員は、専用アプリにて所定の時間だけ利用を許可されたデジタルキーを利用してクルマの解錠をして商品を配達。終了後は施錠をし、配達の状況を専用アプリに登録する。

EC市場の成長やコロナ禍による新しい生活様式の定着により、荷物の受け取り方法に対するニーズは多様化。3社は実証実験を通じ、利便性の高い非接触での荷物の配送および受け取りの実現を目指していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 専用アプリイメージ《写真提供 KDDI/ヤマト運輸/プライムライフテクノロジーズ》
  • 実証のシステム構成イメージ《写真提供 KDDI/ヤマト運輸/プライムライフテクノロジーズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ