プロトコーポレーション、整備工場のDX化サービス提供開始

業界 レスポンス

プロトコーポレーションは2月1日、自動車整備業界向けの入庫管理システム「モーターゲート ピットイン」の提供を開始した。

近年、ユーザーがサイトを利用し、メンテナンスや車検の予約を行うことが増加。自動車整備工場の多くがDX化に対応できておらず、煩雑な業務が発生している。そこで、全国約1万3000件の自動車整備工場情報を掲載する、クルマメンテナンスサイト「グーネットピット」のサービスプラットフォームである「モーターゲート」を活用して新たに入庫管理システム機能を追加。自動車整備工場のDX化による業務効率改善を支援する。

モーターゲート ピットインは、グーネットピットだけではなく他社ECサイトからの入庫や、AIチャットボットの貸出サービスと組み合わせることで各自動車整備工場の自社サイトからの入庫予約も一元管理できる。またユーザーは複数の入庫希望日から選択できるため、整備工場側での事前入力等は不要。入庫予約から来店、作業完了までのステータス管理など、すべての機能はスマートフォンで対応可能となっている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • モーターゲート ピットイン《写真提供 プロトコーポレーション》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ