種子島でのデマンド乗合タクシー車両にEVを追加、充電器も整備

エコカー レスポンス

出光興産は2月1日、種子島石油、鹿児島県西之表市とともに種子島での共同実証の一環として、西之表市内全域を網羅するデマンド型乗合タクシー「どんがタクシー」の一部車両に電気自動車(EV)を導入して運行する取り組みを同日開始した。

実証では公共交通車両のEV化に加え、種子島石油が運営するサービスステーションなど、公共交通EVの充電を含めたEV関連事業を、今後5年間にわたって検証する。

実証では現在、10人乗りワゴン車両5台を使って運行している「どんがタクシー」に、4人乗りEV4台を追加導入する。EVは種子島石油の運営するサービスステーションなどで充電する。EV化によるCO2排出量削減効果、公共交通機関維持にかかる自治体の財政負担の低減効果、サービスステーションでのEV充電サービスのオペレーションを検証する。

カーボンニュートラル社会の実現に向けたEV普及移行期におけるサービスステーションでの充電を含むEV関連事業モデルを実証する。

種子島石油の鴨女町サービスステーションに設置したEV充電設備は、EVどんがタクシーだけでなく一般のEVユーザーにも有償で開放する。

  • レスポンス編集部
  • 鴨女町SS隣地急速充電スタンド(種子島石油の山下社長(右)と西之表市の八板市長)《写真提供 出光興産》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ