デンソー、PoCプロセスをDXする「D-tote」を開発…開発スピードアップを実現

テクノロジー レスポンス

デンソーは2月3日、製品やサービス開発におけるPoCに必要な環境を、短期間で簡易に実装可能にするサービス「D-tote(D-トート)」を開発したと発表した。

PoC(Proof of Concept)とは、新しい概念や理論、原理、アイディアの実証を目的とした、試作開発の前段階における検証やデモンストレーションのこと。デンソーでは、CASEの進展や未来のモビリティ社会を見据え、新たな領域の製品やサービスの開発を推進。多様な開発プロジェクトが進み、膨大な数のPoCが行われている。

PoC環境はプロジェクトごとに構築するため、システムやデータの再利用が難しく、また、構築や運用に関するノウハウも蓄積されていかず、多くの時間とコストがかかっていた。D-toteはこのような課題感を背景に開発されており、PoCプロセスをDXにより効率化することで、製品やサービス開発のスピードアップを実現する。

D-toteのコンセプトは「部品のすべてを手の中に−All of the parts on your hands−」。共通利用が可能な基盤をベースに、車載器のレンタル・設置から、車載センサーなどとの接続、クラウドへのデータ送信と集積、プロジェクトへのデータ提供まで、PoCにおけるデータ収集プロセスを一貫して行う。

PoCにおけるデータ収集を共通基盤化することで、新規構築の工数を最小化。製品やサービス開発に必要なデータ分析を効率化し、開発期間の短縮に貢献する。このため、ソフトウェアやクラウドに知見のないユーザーでも手軽に利用可能。時間とコストを費やすことなく、データ収集と利活用を進め、より付加価値の高い製品や、サービスの開発に集中できる環境へシフトすることを目指す。

デンソーでは、D-toteにつながる社有車「toteCar」の運用も開始した。車両にあらかじめ搭載されている車載器にセンサーなどを取り付け、車載器のモジュールをアップデートするだけで、社員がtoteCarを利用するたびにデータがクラウドへ集積。これにより、プロジェクトごとに車両準備や走行試験を実施することなく、効率的にデータを取得することが可能になる。

D-toteは今後、車載器や接続可能なセンサーのラインアップをさらに充実させ、収集したデータの利活用を促進し、集積された過去のデータや知見から新たな製品やサービスの検討ができるようなデータハブとしての役割も目指していく。また、社外へのサービス提供も見据え、製品やサービス開発の現場のニーズに寄り添い、ユーザーからのフィードバックを受けてアジャイルに機能を拡大していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • D-tote導入後《写真提供 デンソー》
  • D-tote導入前《写真提供 デンソー》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ