オフィスビルの警備ロボット、エレベーターを使って自律移動…三菱電機が技術支援

テクノロジー レスポンス

三菱電機は1月31日に竣工した「アーバンネット名古屋ネクスタビル」(名古屋市東区)に、サービスロボットと連携するエレベーターと入退室管理システムを納入。「ロボット移動支援サービス」を提供する。

アーバンネット名古屋ネクスタビルには、ロボットスタートアップのugo社がNTTグループや大成などと共同開発した警備ロボット「ugo」が導入される。ロボット移動支援サービスは、三菱電機のスマートシティ・ビルIoTプラットフォーム「Ville-feuille(ヴィルフィーユ)」を活用。警備ロボットのエレベーター乗車やセキュリティーエリアを跨いだ移動を支援。ビル管理業務の省人・省力化に貢献する。

またエレベーターは入口に設置された顔認証システムと行先予報システム「エレ・ナビ」と連携。行先階を自動で登録し、ウォークスルーでのエレベーター乗車、オフィスフロアへのタッチレスで快適な移動を実現する。行先階が同じ利用者を同じエレベーターへまとめて案内することで、エレベーターの停止階を削減。利用者が多い通勤時間帯などでも待ち時間を減らし、効率的な輸送を実現する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 顔認証レーン《写真提供 三菱電機》
  • アーバンネット名古屋ネクスタビル(c)Foward Stroke inc.
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ