いすゞ エルフ など、1万6000台をリコール…前輪緩衝装置に不具合

テクノロジー レスポンス

いすゞ自動車は2月3日、小型トラック『エルフ』など3車種について、前輪緩衝装置に不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。

対象となるのは、いすゞ『エルフ』、日産『アトラス』、マツダ『タイタン』の3車種で2018年11月7日〜2021年5月15日に製造された1万6522台。

対象車両は、前輪緩衝装置において、フロントリーフスプリングの製造工程が不適切なため、耐久性が不足しているものがある。そのため、そのまま使用を続けると、リーフスプリングが折損し、最悪の場合、走行安定性が損なわれるおそれがある。

改善措置として、全車両、フロントリーフスプリングを対策品に交換する。

不具合は36件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《写真提供 国土交通省》
  • 対象車種《写真提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ