メルセデスベンツ専用モデルBEWITH「BE-FIT AM for Mercedes-Benz」 センタースピーカーとサブウーファーを追加設定

テクノロジー レスポンス

高級カーオーディオのBEWITH(ビーウィズ)から発売されているメルセデスベンツ専用スピーカーキットである「BE-FIT AM for Mercedes-Benz」。新たにMercedes me connectに対応するセンタースピーカー「L-88RS DVC」と、純正交換型20cmサブウーファーモジュール「PLUG&PLAY MBZSUB213(R/L)」が追加設定された。デモカーをチェックしてその特徴について紹介しよう。

メルセデス・ベンツの純正機能・見た目はそのままにグレードアップ

BEWITHがメルセデスベンツ専用設計した純正交換型プレミアムスピーカーキット「BE-FIT AM for Mercedes-Benz」。純正スピーカー位置に美しくフィットしながら高純度な音質を実現し、実際に取り付けたオーナーたちからの評価も高い。BEWITHの上級スピーカーユニット「Reference AM」シリーズに高精度アルミダイキャスト製バッフルボードやネットワークフィルター回路を組み合わせた車種専用設計。

今回、同シリーズに新たに加わったのがセンタースピーカー用ユニットの「L-88RS DVC」と、純正サブウーファーと交換装着できるサブウーファーモジュール「PLUG&PLAY MBZSUB213R」(右ハンドル車用)「PLUG&PLAY MBZSUB213L」(左ハンドル車用)だ。

新開発のセンタースピーカーで

センター定位の確かさと純正機能を確保

従来モデルである「L-88RS」はシングルボイスコイルの8.8cmユニットだったが、「L-88RS DVC」はその名の通りDVC(デュアル・ボイス・コイル)モデルである。

現行モデルのメルセデス・ベンツのセンタースピーカーは通常の音楽再生に加えてコールボタン(SOSボタンなど)作動時にアナウンスする機能との2つの機能を担っている(Cクラス前期途中以降のme connect採用モデルが該当)。そのため音声入力端子を2対備えているのが特徴だ。

それを1つのスピーカーユニットで実現するためには2対の端子を備えるDVCが必要になる。それに対応すべくBEWITHが新開発したのが「L-88RS DVC」だった。Reference AMの持つ高純度な音質はそのままに、コールボタンのアナウンスにも対応する機能を実現。純正と同じ使い勝手を持たせ高音質化を図ったのが特徴だ。

今回取材したメルセデス・ベンツC180に取り付けられていたのは、フロント2ウェイの「BE-FIT AM for Mercedes-Benz」。ドアに取り付けられている8.8cmミッドレンジである「L-88RS」は高精度アルミダイキャスト製バッフルボードを用いて強固に取り付けられ、ユニットの持つポテンシャルを存分に引き出している。ツイーターは純正位置にスマートにビルトインされている。この2ウェイに加えてダッシュボード中央のセンタースピーカーの純正位置には「L-88RS DVC」がインストールされている。センタースピーカーを設置したからこそ味わえる確かなセンター定位は聴いた瞬間に納得できる大きなメリットだろう。さらにMercedes me connectに対応する機能も兼ね備えた。

メルセデスオーナー待望のサブウーファ―

MBZSUB213Rで上質で迫力ある重低音を実現。

デモカーには昨年末に発売されたばかりのメルセデスベンツEクラス(213系)とCクラス(205系)専用のサブウーファー「PLUG&PLAY MBZSUB/213R(右ハンドル用)」をインストールしている。このユニットは運転席/助手席の足元奥に装備された純正ウーファーとの交換装着に対応した20cmサブウーファーモジュールだ。アルミダイキャスト製の高精度フレームと強力な磁気回路を備え、純正位置にピタリと交換取り付けできるのが魅力。純正サブウーファーでは物足りなかったオーナーには待望の商品だ。引き締まった力強い迫力のある重低音再生はドライブをさらに盛り上げてくれるだろう。

右ハンドル車と左ハンドル車で微妙に異なる純正サブウーファーの取付穴形状に完全対応した専用設計で、車両側カプラーと接続するためのメルセデス・ベンツ専用配線ハーネスも付属し、車両加工を一切必要とせず、ボルトオン&カプラーオンで純正サブウーファーと確実に交換装着できる安心感は大きい。

しかも音質はBEWITHスタンダードで、純正サブウーファーと同じ薄型サイズのままで重低音の引き締まった力強さと豊かな量感が際立つよう、磁気回路の高効率化と振動系を中心としたBEWITH独自の音質チューニングで、上質で迫力ある低音再生を楽しめる。

百聞は一聴に如かず。まずは実際にデモカーを聴いてご自身で音質をお確かめいただくことをおすすめする。

  • 土田康弘
  • 助手席側の純正サブウーファー《PHOTO:雪岡直樹》
  • 運転席側には蓋がされておりサブウーファーは搭載されていない《PHOTO:雪岡直樹》
  • センタースピーカーはデュアルボイスコイル採用によってオーディオとシステムアナウンスを1つのスピーカーで再生可能《PHOTO:雪岡直樹》
  • 専用のスピーカーバッフルにて固定される《PHOTO:雪岡直樹》
  • カバーを装着すれば純正然で高音質なサウンドとアナウンスが得られる《PHOTO:雪岡直樹》
  • 運転席側にサブウーファーを装着した状態《PHOTO:雪岡直樹》
  • ドアには「BE-FIT AM for Mercedes-Benz」が装着されている《PHOTO:雪岡直樹》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ