住友ゴム、初の市販用EVタイヤを中国市場に投入---同社最高レベルの低電費性能

エコカー レスポンス

住友ゴム工業は、同社初の市販用EVタイヤとなるダンロップ「e.スポーツMAXX」を中国市場で4月から発売。欧州でも市販用EVタイヤとしてファルケン「e.ZIEX」を2023年(予定)から発売する。

EVタイヤ開発にあたり、同社が最も力を入れたのが低燃費(電費)性能と静粛性能の追求だ。EVの航続距離を伸ばすためには、転がり抵抗を低減し電費を抑えることが求められる。新製品は同社の材料開発技術を活かし、ゴムの配合を工夫することで、同社史上最高レベルの低燃費(電費)性能を実現。さらにウエット性能と操縦安定性能を高次元で両立させている。

また、EVはエンジン音がしないため、路面やタイヤからのノイズを感じやすいと言われているが、同社独自の「サイレントコア(特殊吸音スポンジ)」を搭載することで優れた静粛性を実現。さらに、タイヤ自体を軽量化することで省資源化を図り、環境負荷の低減にも貢献する。性能面に加え、サイドウォールのロゴには同社独自の黒色デザイン技術「ナノブラック」を採用し、デザイン性も追求。ユーザーのさまざまなニーズに対応しつつ、同社史上最高レベルの低燃費性能を誇るEVタイヤとなっている。

EV市場は世界的な環境意識の高まりとともに近年急激に拡大している。その中でも、中国政府および欧州委員会はEVの導入比率やCO2削減量に対して高い目標を掲げており、世界有数のEVマーケットとなっている。このような市場環境を踏まえ、同社は初の市販用EVタイヤを中国市場で先行投入することを決定。2023年からは欧州での発売も予定しており、今後も順次発売地域を拡大していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • サイレントコア《写真提供 住友ゴム工業》
  • 黒色のメカニズム《写真提供 住友ゴム工業》
  • 従来のデザインと「Nano Black」との違い《写真提供 住友ゴム工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ