ジムニー+エブリイの軽キャンパー:ルートシックス…ジャパンキャンピングカーショー2022

新車 レスポンス

グリルまわりがスズキ『ジムニー』、でも車体は『エブリイ』。個性的な表情と力強そうな足回り、そして木のぬくもりを感じるインテリアで、出かけたくなる魅力が中も外も詰まった1台。

これ、茨城県水戸市、埼玉県川越市、神奈川店綾瀬市、群馬県伊勢崎市、福岡県小郡市に拠点をもつ、ルートシックスがジャパンキャンピングカーショー2022(幕張メッセ、2月10〜13日開催)で展示した「ウォームス」デモカーだ。

ルートシックスのウォームスシリーズは、完全自社生産・リアルウッドで職人が仕上げた「木のぬくもりを最大限に生かした居住空間」が売り。「使い込めば使い込むほどに味が出て、所有者の愛がにじみ出てくる」という。

そして今回の目玉は、もともとエブリイベースだったウォームスで、外観をジムニー顔に仕立てた点。この「ジムリイカスタム」の費用が70万8000円で、そのほかのオプションでLiパッケージライトが15万4000円、TVセットが5万5000円、1500Wインバーターセットが16万5000円が加わり、価格がばーんとアップして、このデモカーの総額は338万円になる。

逆に、この外装ジムリイカスタムやオプションを除けばリーズナブルにみえてくる。ウォームスの標準装備は、80Ahサブバッテリー・走行充電システム・LED証明4か所・電子レンジ・外部電源取り込み・天井収納・両サイドキャビネット・テーブル・ベッドマットがついて、170万〜240万円台(ベース車グレードによる)で手に入る。

マットをリアに収納すれば、畳んでしまってあったセカンドシートを起立させて4人乗り空間になり、普段使いにもいい。また、マットを降る展開してベットにすると、縦1800mm・横1170mmの寝室空間が広がり、大人2人がゆったりと眠れる。

マットの下に隠れているテーブルを電子レンジ横にセットすれば、こんどはリアゲートに映る眺望を楽しみながらのカフェ空間に。このテーブル、リアバンパーに立て掛ければ、車外リアゲート下での使用もできるから、いろいろ重宝しそう。

  • 大野雅人
  • ルートシックス・ウォームス(ジャパンキャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
  • ルートシックス・ウォームス(ジャパンキャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
  • ルートシックス・ウォームス(ジャパンキャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
  • ルートシックス・ウォームス(ジャパンキャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
  • ルートシックス・ウォームス(ジャパンキャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
  • ルートシックス・ウォームス(ジャパンキャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
  • ルートシックス・ウォームス(ジャパンキャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ