ボードリー、鳥取砂丘周辺の自動運転バス実証運行を受託

テクノロジー レスポンス

BOLDLY(ボードリー)は、鳥取砂丘周辺の公道で実施される自動運転バス「ナビヤ・アルマ」を活用した実証実験をWILLERから受託して2月17日から運行を開始した。

ボードリーが自動運転バスの実証走行に関してWILLERから業務委託を受けるのは京都府相楽郡精華町、東京都豊島区、愛知県名古屋市に続いて4件目となる。

今回の鳥取での実証運行では、走行環境や通信環境など自動走行に必要な情報の調査や、走行経路の3次元地図データの作成。また、走行速度やセンサー検知範囲などの自動走行に関する設定と走行調整、セーフティーオペレーターの育成トレーニングも担当する。

自動運転の実証実験は2月17〜20日、23日、3月1日、2日、4〜6日の計10日間実施する。自動運転サービスによる持続可能な地域公共交通及び周遊観光サービスの構築をテーマに、鳥取砂丘の東西をつなぐ片道約2kmを1日4往復運行する。

  • レスポンス編集部
  • ナビヤ・アルマの走行調整《写真提供 ボードリー》
  • 自動運転バスの走行ルート《画像提供 ボードリー》
  • 鳥取砂丘《写真提供 WILLER》
  • ナビヤ・アルマ《写真提供 WILLER》
  • ナビヤ・アルマ《写真提供 WILLER》
  • ナビヤ・アルマ《写真提供 WILLER》
  • ナビヤ・アルマ《写真提供 WILLER》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ