エリーゼ 最終モデル、初代の名付け親 ロータス会長の孫娘に納車

新車 レスポンス

ロータスカーズは2月25日、スポーツカーの『エリーゼ』(Lotus Elise)の最終モデルを、英国ヘテル本社において顧客に引き渡した、と発表した。

エリーゼの最終モデルの引き渡しを受けたのは、エリーザ・アルティオーリさん。1993年にGM(ゼネラルモーターズ)からロータスカーズを買収し、1996年まで会長を務めたロマーノ・アルティオーリ氏の孫娘にあたる。

初代エリーゼは1995年秋、フランクフルトモーターショーで発表された。エリーゼの車名は、当時ロータスカーズの会長だったロマーノ・アルティオーリ氏が、孫娘のエリーザ・アルティオーリさんの名前にインスピレーションを得て、命名されたという。

エリーザ・アルティオーリさんに納車されたエリーゼの最終モデルが、『エリーゼスポーツ240』の「ファイナルエディション」だ。ボディカラーは「チャンピオンシップゴールド」。エンジンのキャリブレーション変更により、最大出力はプラス23psの243psを獲得する。最大トルクは24.9kgm。1トンあたり263.6psのパワーウェイトレシオにより、0〜100km加速4.5秒の性能を可能にしている。

  • 森脇稔
  • ロータス・エリーゼ・スポーツ240ファイナルエディション《写真提供 エルシーアイ》
  • ロータス・エリーゼ・スポーツ240ファイナルエディション《写真提供 エルシーアイ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ