東京電力×パーク24、多台数対応EV普通充電器による実証研究を開始

エコカー レスポンス

東京電力ホールディングスとパーク24は3月1日、多台数対応EV普通充電器をタイムズ西池袋第14(東京都豊島区)に導入し、EV等の充電に関する実証研究を開始した。

東京電力HDは、EV等の普及に伴う充電インフラ拡充に向けて、複数台のEV等を同時に充電する際に合計使用電力を抑制する機能を持つ多台数対応EV普通充電器を開発。本製品導入により、電気設備や電気契約容量の大幅な増加を抑え、投資・運用コストを抑制しながらEV用普通充電器が設置可能となる。

タイムズパーキングを運営するパーク24は、1998年よりEV等の普及を見据え、駐車している間にEV等の充電ができる「パーク&チャージ」サービスを開始。利用動向の検証を継続して行うことで、EV等の普及に対応した充電サービスの提供に向けた体制構築を図っている。

実証研究では、3月1日から3月31日まで、タイムズ西池袋第14に多台数対応EV普通充電器6台を設置し、駐車場利用客に充電サービスを提供。駐車場内には精算機や照明等もあるが、EV等の充電時でも使用電力が契約容量を超えないよう充電電流を制御する。

東京電力HDは、今回の実証研究を踏まえ、充電器設置に関する課題解決を図り、事業所の構内や商業施設、集合住宅の駐車場、時間貸駐車場等も含めた様々なシーンにおける充電環境の提供を目指していく。

パーク24は、充電スペースを複数設けることでEVドライバーの利便性向上を図るほか、2025年以降の新規開発タイムズパーキングへのEV充電器設置に向けた充電サービスの環境整備につなげていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 多台数対応EV普通充電器《写真提供 東京電力ホールディングス》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ