プジョー 2008、1.5Lターボディーゼルを追加

新車 レスポンス

ステランティスジャパンは、プジョーのコンパクトSUV『2008』に1.5リットルターボディーゼルモデルを追加し、3月2日より販売を開始した。

2008は、2020年9月の日本デビュー以来、スタイリッシュなデザイン、スポーティな走りと優れた燃費性能、立体駐車場に対応するサイズなどで好評を博している。今回、この2008に1.5リットルターボディーゼルエンジン(DV5型)を搭載した「2008 GT BlueHDi」を追加する。

DV5エンジンは、2009年ル・マン24時間を制覇した「プジョー908 HDi FAP」の設計を反映させた燃焼室形状、フリクション軽減のための各部DLC(ダイヤモンドライクコーティング)処理、2000バールの新インジェクション、新排気浄化システムSCRFなど、さまざまな技術を採用した最新エンジンだ。最高出力は130ps、最大トルクは自然吸気3リットルガソリンエンジンに匹敵する300Nmを発生。さらに軽快な吹け上がりとレスポンス、良好な実用燃費(WLTCモード20.8km/リットル)を実現。すでに同エンジンが搭載されている『308』や『リフター』にて好評を博している。

ステランティスジャパンでは、このDV5エンジン仕様を追加するとともに、デビューエディションとして『2008 GTパック BlueHDi』を発売。2008初のナッパレザーシート(ブラック)と運転席電動シート&アクティブランバーサポートを装備し、パノラミックサンルーフを標準化した特別仕様車だ。

また、今回の新仕様投入を機に、ディーゼルモデルおよびガソリンモデルのオートマチックセレクターを指先だけで操作できるトグルタイプのものに変更。よりストレスフリーな操作性、センターコンソールにおける収納スペースの改善を図っている。

価格は2008 GT BlueHDiが390万円、2008 GT Pack BlueHDi特別仕様車が421万5000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • プジョー 2008 GTパック BlueHDi《写真提供 ステランティスジャパン》
  • プジョー 2008 GTパック BlueHDi《写真提供 ステランティスジャパン》
  • トグルタイプのオートマチックセレクター《写真提供 ステランティスジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ