【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】ガソリン車は2-3か月、HVは半年待ち…でも売れない

新車 レスポンス

トヨタの『ノア』と『ヴォクシー』の2月の売り上げ台数は、それぞれ2227台、2073台となった。日本自動車販売協会連合会(自販連)が4日、発表した。

ノアとヴォクシーのそれぞれ新型は1月13日に発売された。トヨタでは新型車の販売実績を公表しておらず、いっぽう自販連の数字は車名別なので旧型の“在庫処分”が含まれる可能性もある。

トヨタが明らかにしている月販基準台数はノアが8100台、ヴォクシーが5400台となっており、モデルチェンジ直後は月販目標の2〜3倍の勢いで売れることが普通なので、実績はかなり少ない。自販連によると対前年同月比はノアが51.%、ヴォクシーが29.2%。

コロナウイルス感染の拡大ならびに半導体部品不足により、現在、多くの車種で生産遅れが発生している。受注してから工場出荷までの所要日数のめどは、2月25日時点で、ノアのガソリン車が2〜3か月ていど、ハイブリッド車は5〜6か月ていど、ヴォクシーのガソリン車が3か月ていど、ハイブリッド車は6か月ていどとなっている。ハイブリッド車は生産が1月下旬から始まったこともあり、納期が遅い。

  • 高木啓
  • トヨタ・ノア新型《写真撮影 中野英幸》
  • トヨタ・ノア新型《写真撮影 中野英幸》
  • トヨタ・ヴォクシー新型《写真撮影 中野英幸》
  • トヨタ・ヴォクシー新型《写真撮影 中野英幸》
  • トヨタ・ヴォクシー新型《写真撮影 中野英幸》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ