日野、エンジン認証で不正行為判明…搭載車両を出荷停止

テクノロジー レスポンス

日野自動車は3月4日、日本市場向け車両用エンジン3機種の排出ガスと燃費に関する認証申請で不正行為が判明したと発表。エンジン3機種とその搭載車両の出荷停止を決定した。

不正行為が判明したのは、中型エンジン「A05C(HC-SCR)」、大型エンジン「A09C」「E13C」の3機種。出荷停止となるのは同エンジンを搭載する中型トラック『レンジャー』、大型トラック『プロフィア』、大型観光バス『セレガ』の3モデルとなる。

中型エンジン「A05C(HC-SCR)」は、排出ガス性能の劣化耐久試験にて、排出ガス浄化性能が劣化し規制値に適合しない可能性を認識しながら、排出ガス後処理装置の第2マフラーを途中で交換し試験を継続。経年変化により排出ガスの規制値を超過する可能性があることも判明している。

大型エンジン「A09C」「E13C」は燃費測定において、燃料流量校正値を燃費に有利に働くような数値に設定し、実際よりも良い燃費値を燃費計に表示させるようにして試験を実施。技術検証により、実際の燃費性能が諸元値に満たないことも判明している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日野レンジャー《写真提供 日野自動車》
  • 日野セレガ《写真提供 日野自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ