フィアット 500e…新型EV、ステランティスジャパン発足で展示[詳細写真]

新車 レスポンス

ステランティスジャパンは3月1日、発足にあたっての記者会見を東京都内で開催、日本市場に導入予定のフィアット『500e』はじめ、傘下8ブランドの新型車を展示した。

ステランティスジャパン株式会社は、ステランティスの日本における輸入販売子会社であるFCAジャパンとグループPSAジャパンが、2022年3月1日付で両社の事業を統合し、新たに発足したもの。

新会社は、日本市場におけるアバルト、アルファロメオ、シトロエン、DSオートモビル、フィアット、フィアットプロフェッショナル、ジープ、プジョーの事業を一つの組織に統合した。統合時点で、8ブランドを通じて36モデル95バリエーションを日本の消費者に提供している。

これらのうち電動車はPHEV(プラグインハイブリッド車)の6モデルとBEV(バッテリー電気自動車)の4モデルの10モデル。2022年は新たにBEVを1モデルとPHEVを7モデル、ジープ、プジョー、シトロエン、フィアット、DSオートモビルから導入し、年内に19モデルの電動車ラインアップをそろえる。

3月1日の記者会見では、導入予定のBEV、フィアット500eが先行展示された。2021年初には21年中の導入予定だったが、今回のようにイベントで展示されることはあっても、発売が遅れている。ルーフがオープンになる「500eC」バリエーションも追加予定だ(展示車両)。

なお従来型の500は内燃機関駆動の設定があり、電動仕様が「500e」と呼ばれていたが、欧州市場では現行になるモデルチェンジで電動のみとなり、車名は「500」となった。日本市場では新型でも電動仕様は引き続き「500e」と呼ばれている。

500eのスペックは、欧州の500の諸元で、4人乗り、FWD、WLTP複合モードでの航続298〜321km。パフォーマンスは最高出力87kW、最大トルク220Nm、最高速度150km、0-100km/h加速9秒とされる。リチウムイオン電池の容量は42kWhあり、100%充電時間は家庭用電源で15時間15分、ステーション経由で4時間15分、85kW直流急速充電(モード4)では80%まで35分だ。

  • 高木啓
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500eC《写真撮影 安藤貴史》
  • フィアット500(欧州仕様)《photo by Fiat》
  • フィアット500(欧州仕様)《photo by Fiat》
  • ステランティスジャパン発足《写真撮影 安藤貴史》
  • ステランティスジャパンのポンタス・ヘグストロム社長《写真撮影 安藤貴史》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ