日本車のエンジンの今昔物語…車とメーカーと時代

モータースポーツ レスポンス

『自動車用エンジン半世紀の記録[改訂版]』

国産乗用車用ガソリンエンジンの系譜 1946 - 2000

編者:GP企画センター

発行:グランプリ出版

定価:2860円

ISBN978-4-87687-392-0

サイドバルブから始まった戦後の乗用車用ガソリンエンジンの変遷を、時代やクラス別に紹介する1冊。

戦前の技術の流用から始まった戦後の乗用車用ガソリンエンジンは、弁形式の進化を始めとした高性能化が進み、排出ガス規制なども乗り越え、さらなる高効率を求めて発展を続けてきた。その変遷をまとめたのが本書である。

特に特徴的なのは、実際に搭載されたエンジンについて、より具体的に語られている点である。例えば日本初の直列6気筒OHCエンジンを開発したプリンスの項では、1963年にデビューした『グロリア』のG7エンジンについて、当時の時代背景とプリンスの状況等とともに記されているとともに、メカニカルな面にも言及。そのほか当然というべきか、ロータリーエンジンをはじめ、近年のV型エンジンやホンダのVTEC、三菱のGDIなども大きく誌面を割かれているので、そこだけを拾い読みするだけでも楽しめる。

なお本書は『自動車用エンジン半世紀の記録』(2000年刊行)から、20世紀後半に登場した、ハイブリッド用を除いた主要な国産乗用車用ガソリンエンジンの変遷に的を絞り、第1章から15章を抜粋。内容の再確認や図版の変更などを実施して刊行する改訂版である。

  • 内田俊一
  • マツダ12A型ロータリーエンジン(RX-7、1978年)《写真提供 マツダ》
  • 三菱GDIエンジン(パジェロ、1998年)《写真提供 三菱自動車》
  • ホンダVTECエンジン(CR-V、2001年)《写真提供 ホンダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ