無人走行ロボットが公道走行…商品を指定マンションにデリバリー

テクノロジー レスポンス

京セラコミュニケーションシステムは、無人自動走行ロボットが千葉市幕張新都心の公道を走行して店舗で購入した商品を指定マンションまで配送するサービスの実証実験を3月10日から開始すると発表した。

実証実験は無人自動走行ロボット1台が「イオンスタイル幕張ベイパーク」と近隣の2棟のマンションの間を巡回する。事前登録したマンション住人が、イオンスタイル幕張ベイパークで購入した商品を店舗脇の停止場所でロボットに預け、自宅マンション近くの停止場所で荷物を受け取る。ロッカーは大中小のサイズがあり、ロボットに搭載されたタッチパネルを操作して開閉する。

無人自動走行ロボットは、最高速度15km/hのミニカーで、無人で自動走行する。走行状況は常時遠隔監視しており、自動回避が困難な状況では近接または遠隔操作に切り替えて走行する。

無人自動走行ロボットによる公道実証のため、関東運輸局から車両の自動走行や近接・遠隔監視での運転操作が可能となるように保安基準緩和認定を受けた。千葉県警察からも自動走行ロボットの実証実験に関する道路使用許可を取得している。

同社は今後も自治体や協力企業と連携し、各地域のニーズや課題解決につながるサービスの実証を行い、無人自動走行ロボットの社会実装に向けて継続的に取り組んでいく。

  • レスポンス編集部
  • 無人自動走行ロボットが指定場所に商品を輸送《画像提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • ロボットの左側面(ロッカー大5個)《画像提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • ロボットの右側面(ロッカー中5個、小10個)《画像提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • ロッカー大 (幅30.5×奥行45×高さ50cm)《画像提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • ロッカー中 (幅30.5×奥行45×高さ18.5cm)《画像提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • ロッカー小 (幅30.5×奥行45×高さ12.5cm)《画像提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • 無人自動走行ロボット実証実験のイメージ《画像提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • 走行予定エリア《画像提供 京セラコミュニケーションシステム》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ