ブリヂストン、ロシア向けタイヤ輸出を停止…現地工場の稼働も停止へ

業界 レスポンス

ブリヂストンは3月14日、ロシアにおける生産およびロシア向けタイヤ輸出を停止すると発表した。

ロシア・ウリヤノフスクの乗用車用タイヤ工場は3月14日に稼働停止を決定。現地・従業員対応を実施したのち、3月18日より稼働を停止する。また、ロシア向けタイヤの輸出も3月14日付けで停止する。なお、ロシアにおけるブリヂストンの生産拠点はウリヤノフスク工場のみで、グループ全体におけるロシア事業の売上収益は約2%弱。また、ブリヂストンのロシア駐在員とその家族、計10名については既に帰国している。

また、ブリヂストンはウクライナへの人道支援のために総額250万ユーロ(約3億2000万円)の寄付をUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)へ行う。各地域グループ会社では、欧州にて100万ユーロ(約1億2800万円)、米州、アジアより各25万ドル(約3200万円)の国際赤十字などへの寄付を予定しており、ブリヂストングループ全体で、総額約5億円の寄付を実施する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ロシア・ウリヤノフスク工場の開所式(2017年)《写真提供 ブリヂストン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ