東京海上日動と自販連、カーボンニュートラル実現に向け相互協力

業界 レスポンス

東京海上日動火災保険は3月15日、モビリティ領域におけるカーボンニュートラルの実現に向け、日本自動車販売協会連合会(自販連)と相互協力することで合意したと発表した。

東京海上日動は保険の開発や提供、リスクコンサルティングを通して、温室効果ガス排出量の削減、カーボンニュートラルの実現に向けた顧客や地域の取組みを支援し、産業の成長・発展に貢献することを目指している。一方、自販連はカーボンニュートラルの実現に向けて自動車販売業における課題を検討し、会員企業として取り組むべきアクションプランの策定や、自動車販売業界のカーボンニュートラルへの貢献等について情報発信のあり方を検討する予定であり、モビリティ領域での取組みにて東京海上日動は自販連と相互に協力することとした。

今回の相互協力では、自販連会員企業向けに「温室効果ガス排出量算出ツール」を開発。各企業の事業活動を通じたガソリンや電気の使用量等をもとに温室効果ガス排出量の可視化と排出量削減に向け協力する。また、自動車の走行などによる温室効果ガス排出量を日本全国の乗用車の新車販売実績から算定し、過年度排出量との比較に取り組み、東京海上日動のグループ会社が排出量の算定や比較等について協力する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ