三菱自動車がラリーアート仕様を発表へ:トライトンとミラージュ…バンコクモーターショー2022

新車 レスポンス

三菱自動車は、新型クロスオーバーMPV『エクスパンダー』、ラリーアート特別仕様車の1トンピックアップトラック『トライトン・ラリーアート』(ダブルキャブ)およびコンパクトハッチバック『ミラージュ・ラリーアート』をバンコク国際モーターショー2022(バンコクモーターショー2022)で3月22日より展示する。

エクスパンダーは2017年にインドネシアで発売以来、アセアン、中東、中南米、南アジア、アフリカなどに展開拡大し、2021年には年間で10万台以上を販売した三菱自動車の世界戦略車。新型エクスパンダーはSUVらしさを強化したスタイリングへと進化させ、クラストップレベルの最低地上高となる220mmを確保し、悪路走破性を高めた。インテリアでは、アームレストやドアトリムにソフトパッドを採用し上質感を高めるとともに、収納スペースを充実させるなど、車内での快適性を向上。また、高効率CVTを採用することで、アクセル高開度では力強くキレのある加速感を実現、アクセル低開度ではエンジン性能を最大限に引き出し、低燃費と高い静粛性を実現した。新型エクスパンダーは昨年11月にインドネシアへ投入、今回のタイなど、アセアン地域を中心に順次展開していく。

トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)とミラージュ ラリーアートは、自分らしい走りやスタイリングを求めるユーザーに向けた特別仕様車。昨年11月に発表した『トライトン ラリーアート』と『パジェロスポーツ ラリーアート』に続いて、タイにおけるラリーアート特別仕様車の第2弾として投入する。

トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)はローライダー仕様をベースに、ラリーアートのロゴ入りサイドデカールとマッドフラップ、ベッドライナーを装着した。また、第1弾のトライトン ラリーアートから進化させ、新たにフロント、サイド、リヤにエアダムを装着することでロースタイリングをさらに強調。インテリアには、ラリーアートのロゴや、オーバーロックにレッドアクセントをあしらったフロアマットを採用した。ボディカラーはホワイトソリッドとブラックルーフのツートンカラー、およびジェットブラックマイカの2色を用意。フロントグリル、アルミホイール、ドアミラー、ドアハンドル、リヤゲートハンドルをブラックで統一している。

ミラージュ ラリーアートはラリーアートのロゴ入りサイドデカールとマッドフラップを装着。さらにブラックカーボン柄のオーバーフェンダーを装着することで、タフな走りのイメージを与えている。インテリアには、レッドとブラックのツートンカラーのシートやラリーアートのロゴ入りフロアマットを採用した。ボディカラーはホワイトダイヤモンドとレッドメタリックの2色を用意。ルーフ、フロントグリル、アルミホイール、ドアミラー、リヤスポイラーをブラックで統一してスポーティな装いとしている。

なお、一部の国・地域ではトライトンは『L200』として、ミラージュは『スペーススター』として販売する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 ミラージュ ラリーアート《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 エクスパンダー 新型《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 エクスパンダー 新型《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 ミラージュ ラリーアート《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 ミラージュ ラリーアート《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ