速さとユーモアを競う、ボックスカートレースが関西初開催 10月22日

モータースポーツ レスポンス

レッドブルは、手作りカートのクリエイティビティとタイムを競う「レッドブル・ボックスカート・レース 大阪 2022」を10月22日、万博記念公園(大阪府吹田市)にて開催。参加チームを5月中旬より募集する。

ボックスカートの起源は、1950年代にアメリカの子どもたちが石鹸箱に車輪をつけて坂道に転がせたことがはじまり。海外では「ソープボックスカー」や「ソープカート」と呼ばれている。レッドブルは2000年より世界各地でこのボックスカートレースを開催。ベルギーでの第1回大会を皮切りに、これまでに世界で138回以上開催し、日本でも2009年、2012年、2017年、2019年に東京で開催。今回は関西初上陸となる。

レッドブル・ボックスカート・レース 大阪 2022では、カーブやジャンプ台が設置された全長約340メートルの坂道コースを使用。規定に沿って作られた動力を持たない手作りのカートを使って、タイム、カートの創造性、レース前のパフォーマンスを競う。スタート時にカートを押す以外、動力は傾斜による重力のみという単純明快なレースでありながら、各チームのアイディアとユーモアセンス溢れる自作カート、パフォーマンス、そして走りで会場は大いに盛り上がる。

レッドブルではレースに参加する70チームを5月中旬より募集する。18歳以上の男女でチーム人数は最大4人、参加は無料。全長4メートル以下×全幅1.5メートル以下×全高2メートル以下かつ重量80kg以下の自作カートが必要となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • レッドブル ボックスカートレース(2019年 東京)(c) Suguru Saito / Red Bull Content Pool
  • レッドブル ボックスカートレース(2019年 東京)(c) Jason Halayko / Red Bull Content Pool
  • レッドブル ボックスカートレース(2018年ローマ)(c) Damiano Levati/Red Bull Content Pool
  • レッドブル ボックスカートレース(2017年パリ)(c) Vincent Curutchet / Red Bull Content Pool
  • レッドブル・ボックスカート・レース 大阪 2022《写真提供 レッドブル》
  • 万博記念公園《写真提供 レッドブル》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ