アルピーヌのスーパーカー、水素パワートレイン搭載…2035年のコンセプト

新車 レスポンス

アルピーヌは3月18日、IEDと共同開発したコンセプトカー、アルピーヌ『A4810』(Alpine A4810)を発表した。

IED(Istituto Europeo di Design)は、1966年に設立された欧州で有数のデザイン専門学校だ。アルピーヌA4810は、IEDのイタリア・トリノ校で交通デザインを学ぶマスターコースに在籍する28名の学生が手がけたデザインスタディで、アルピーヌと共同でデザインに取り組んだ。

アルピーヌA4810では、持続可能な2035年のスーパーカーをコンセプトに、水素パワートレインを搭載した2シータースーパーカーを提案する。水素パワートレインが燃料電池なのか、水素燃料内燃機関なのかは明らかにされていない。

  • 森脇稔
  • アルピーヌ A4810《photo by Alpine》
  • アルピーヌ A4810《photo by Alpine》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ