鈴鹿サーキットとあべのハルカス展望台がコラボ、“8”と“60”にちなんだ企画を開催

モーターサイクル レスポンス

鈴鹿サーキットは、日本一高いビル、あべのハルカスの展望台「ハルカス300」と、“8”と“60” にちなんだコラボレーション企画を開催する。

開業から“8周年"を迎えた地上“60階"に位置するハルカス300と、鈴鹿“8時間”耐久ロードレースを開催し、今年開場“60周年"を迎える鈴鹿サーキットが、“8"と“60"という数字にちなんださまざまな企画を開催する。なお、両者のコラボレーションは初めてとなる。

ハルカス300では4月16日から7月18日まで、60階にある「天上回廊」で、鈴鹿8耐の歴代優勝マシンを展示する。ホンダ『CBR1000RR』 (2011年)、カワサキ『Ninja ZX-10RR』(2019年)、スズキ『GSX-R1000』(2009年)、ヤマハ『YZF-R1』(2017年)。4メーカーのチャンピオンマシンが地上約300メートルの場所に一堂に揃う。観覧は無料(展望台の入場料は必要。大人1500円、中高生1200円、小学生700円、幼児:4歳以上500円)。また、8月4日から7日には、鈴鹿8耐のプレトークショーを58階「天空庭園」にて開催。日本一高いビルの展望台で鈴鹿8耐の決勝時間同様の、8時間トークショーを実施する。

一方、鈴鹿サーキットパークでは、アトラクション「サーキットホイール」のゴンドラがハルカス300仕様となって3月19日より登場。ゴンドラの外側はハルカス300のキャラクター「あべのべあ」を、窓の内側にはハルカス300から見える景色をラッピングしている。

鈴鹿サーキットのレーシングコースには、ハルカス300の広告看板が2か所に登場。鈴鹿8耐の開催期間中は、西ストレートの名称を「ハルカスストレート」に変更(8月4日〜7日)、GPスクエアにはハルカス300の特設ブース(8月5日〜7日)を出展するほか、鈴鹿サーキットパークのバイクアトラクション「モトファイター」にて、走行したラップタイムに指定の数字が入ると賞品を獲得できるイベントを開催する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤマハ YZF-R1(2017年鈴鹿8耐優勝マシン)《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • カワサキ Ninja ZX-10RR(2019年鈴鹿8耐優勝マシン)《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • スズキ GSX-R1000(2009年鈴鹿8耐優勝マシン)《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • ホンダ CBR1000RR(2011年鈴鹿8耐優勝マシン)《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • 2018-2019 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • 鈴鹿サーキットレーシングコース《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • ハルカス300サインボード《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • 鈴鹿サーキットパーク《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • ハルカス300「鈴鹿8耐プレトークショー」《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • 鈴鹿8耐「ハルカス300ブース抽選会」《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • 鈴鹿8耐ネーミングライツ「ハルカスストレート」《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • 鈴鹿サーキットパーク「ハルカスゴンドラ」《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • モトファイター「ハルカス300カップ」《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • ハルカス300「天井回廊」《写真提供 ホンダモビリティランド》
  • ハルカス300「天空庭園」《写真提供 ホンダモビリティランド》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ