未来都市「ウーブンシティ」CO2フリーの水素ステーション建設決定…トヨタとENEOSが取り組み加速

テクノロジー レスポンス

トヨタ自動車とENEOSは3月23日、トヨタが建設を進めるウーブンシティ(静岡県裾野市)にて、CO2フリー水素の製造と利用を共同で推進するため、共同開発契約を締結した。

ウーブンシティは、研究者やエンジニア、科学者をはじめとした想いを同じくするパートナーとともに、モビリティカンパニーのテストコースとしてバーチャルとリアルの世界で将来技術を実証する「実証実験の街」だ。

ENEOSとトヨタは2021年の基本合意に基づき検討を進め、水素ステーションの建設・運営、水素ステーションでのCO2フリー水素の製造、水素ステーションからウーブンシティおよび燃料電池車(FCEV)への水素供給に着手することを決定した。水素ステーションはウーブンシティ隣接地に建設。再生可能エネルギーでCO2フリー水素を製造する水電解装置や停電時用のFC発電機を設置する。

さらに、水素の需給管理システムについても、ウーブンシティのコミュニティエネルギーマネジメントシステムとENEOSの水素製造を最適化する水素EMSとの連携など、具体的な検討を進めることに合意。2024〜2025年のウーブンシティ開所前に水素ステーションの運営開始を予定している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Woven CityにおけるCO2フリー水素利活用の取り組み《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ