グーグル、ドライバーレスのロボタクシーの運行準備を完了…米サンフランシスコ

テクノロジー レスポンス

グーグルの自動運転車開発部門のウェイモ(Waymo)は3月21日、米国カリフォルニア州サンフランシスコにおいて、ドライバーが同乗しない「ロボタクシー」を運行する準備が整った、と発表した。

ウェイモは2021年8月、サンフランシスコで第5世代の自動運転システムを搭載するロボタクシーの実証実験を開始した。ウェイモは現在、第5世代の自動運転システムをベースに、自動運転の実用化に向けた研究開発を進めている。

「Waymo Driver」と呼ばれる自動運転システムの第5世代では、検出性能を向上させる改良を施しているのが特長だ。ライダー(LiDAR)、カメラ、レーダーなどの性能は引き上げられ、それぞれの機能と安全性を最大限に引き出すために、最適な場所にレイアウトし直した。

第5世代の自動運転システムでは、ルーフ上のドームにLED照明を追加した。これにより、ライダーが昼夜を問わず、車両の周囲の物体を識別し、複数の自動運転車が待機している場合でも、どの車両であるかを確認するためのメカニズムとして機能する。また、従来型では、コンピューターがトランクスペース全体を占有していた。しかし、第5世代の自動運転システムでは、コンピューターを小型化し、トランク床下に搭載することが可能になった。

ウェイモはサンフランシスコにおいて、ドライバーが同乗しないロボタクシーを運行する準備を整えた。これは、完全自動運転の商用サービスを展開するための主要なステップになるという。ウェイモは、この決定はWaymo Driverの安全性を慎重に評価した結果、としている。

  • 森脇稔
  • ウェイモの第5世代の自動運転システムを搭載するジャガーI-PACE《photo by Waymo》
  • ウェイモの第5世代の自動運転システムを搭載するジャガーI-PACE《photo by Waymo》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ