タイヤ・オイル・バッテリーの平均価格が上昇…原材料価格の上昇が表面化

業界 レスポンス

GfKジャパンは3月24日、2022年2月の自動車用タイヤ、エンジンオイル、バッテリーの販売速報を発表した。原材料価格の上昇に伴う値上げの影響で平均価格が上昇している。

タイヤ販売は降雪の影響もあって前年同月比26%増と大幅に増加した。このうち、店頭販売が同24%増、インターネット通販が同29%増となった。関東甲信越の冬タイヤ店頭販売は前年同月の5倍に増えた。サイズ別では最も販売本数の多い155/65/14が同59%増だった。主要なコンパクトカー向けのサイズの185/65/15も同42%増だった。

タイヤ販売全体の税抜き平均価格は9283円で、前年同月から2%上昇した。タイヤメーカー各社の値上げが影響した模様だ。

エンジンオイル販売量は同1%減と微減だった。店頭が同2%減だったものの、、インターネット通販が同11%増だった。粘土別では需要の多い0W-20が同7%増だった。0W-16は同87%増と大幅に伸びた。1リットル当たりの平均価格は750円で、同8%上昇した。

バッテリーの販売数量は同19%増と大幅に増えた。店頭が同19%増、インターネット通販が同20%増だった。最も数量の多いB19が同17%増だった。平均価格は1万1770円で、1%上昇した。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ