測定結果をメール送信、通信型アルコール検知器を今夏発売へ…JVCケンウッド

テクノロジー レスポンス

JVCケンウッドは3月25日、スマートフォンと連携して測定結果を管理者に送信できる通信型アルコール検知器を開発したと発表した。

2022年4月より、道路交通法の施行規則の改正が段階的に実施され、事業者には安全運転管理者による運転者の運転前後のアルコールチェックが義務化されるとともに、同年10月からはアルコール検知器を用いた運転者の酒気帯び検査が必須となる。JVCケンウッドではこの法改正に対応し、対象となる事業者が検査や測定結果の記録・管理がしやすいよう、アルコール検知器に通信機能を搭載した。

これにより、アルコール検知器とスマートフォンをBluetoothで接続できるようになり、運転者のアルコール濃度を測定後、その測定結果と測定者情報をスマートフォンの通信機能を使用して管理者用PCへメール送信が可能となる。管理者用PCでは、PC管理ソフトウェアを使って、受信した測定結果を測定者ごとにIDで管理し、測定履歴として保存できる。

同社では今後、10月以降の法改正に対応するべく、今夏の発売に向けて商品化を進めていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • JVCケンウッドの通信型アルコール検知器《画像提供 JVCケンウッド》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ